元渋谷ギャルサーの美人経営者が述懐する“ゴングロ”徘徊記

公開日: 更新日:

 90年代初頭から渋谷・センター街では茶髪、ミニスカ、ルーズソックス姿で肌をこんがり焼いた女子高生があふれ返っていた。その後、「ギャル」は“進化”。パンダのように目と口の周りを白くしたド派手メーク、金髪メッシュ、真っ黒な肌でたむろして地べたに座り込んでいたのが、「ゴングロギャル」だ。

 28歳で起業し、現在はモデルやイベントコンパニオンなどのキャスティング業務を行っている「株式会社アヴィリオール」(東京・赤坂)の経営者で、渋谷の有名ギャルサークルの3代目に所属していた大江明日香さん(34)が当時を振り返る。

「高校生になり、渋谷にあふれ返っていたギャルサー(イベントサークル)の子たちとセンター街で会うのが日課でした。みんなゴングロで――。週3日は必ず日サロに通い、真っ黒に肌を焼いていた。金髪にエクステ、学校帰りの制服にルーズソックス、もしくは上下ユニクロのスエットでアルバの升目コートを羽織っていた。足元は『キティちゃん』のサンダルで、地元から毎日のように渋谷に通っていましたね。センター街にあった『プリクラのメッカ』がたまり場だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る