現役がサービス 女性客が殺到「探偵カフェ」に行ってみた

公開日: 更新日:

 現役の探偵がサービスを行うカフェバーがある。東京・池袋北口の雑居ビル群の一角に店を構える「探偵カフェ プログレス」は、同名の総合探偵社が運営する店だ。バーテンダーから指紋採取や盗聴器発見などのノウハウを伝授してもらえるという。

 早速、取材を申し込み、待つこと数日。「調査の関係で返事が遅れました」とメールが届いた。現役というのは真実のようで、早くもハードボイルドだ。

 店内に入るとまず目に入るのは、殺人現場を模して人型に貼られた白テープ。キワモノ店かと思いきや、メニューには80種類以上の本格的なカクテルが並び、老舗のバーといった雰囲気だ。一体なぜ探偵がこんなことをしているのか。

 同店のマスターであり、調査歴18年の鈴木さんによると、「探偵とは究極のサービス業。相手に喜んでいただく意味では飲食業と同じです。カフェバーの運営は探偵業務にも大いに役立っています」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る