元「大統領のシェフ」宝くじ2700万円ゲットで使い道は?

公開日: 更新日:

 米トランプ米大統領やバラク・オバマ氏、ビル・クリントン氏ら歴代大統領にホワイトハウスで食事を作った経験のあるシェフ、ロベルト・メンドーサさん(48)が注目を集めている。

 先日、地元ノースカロライナ州の宝くじで大当たりし、25万ドル(約2700万円)をゲット。それを同州シャーロットと南米グアテマラの貧しい人々に無料の食事を提供するために使うことを明らかにしたからだ。

 米CBSテレビの「インサイド・エディション」(1月30日付電子版)などによると、南米エクアドルで育ったメンドーサさんは、飢えがどのようなものか身をもって知っているという。

 「両親が出て行ってしまったんで、私は1人で育ったんです。毎日、すきっ腹を抱えて寝ていた。ある日、深夜1時ごろ、『せめて水だけでも飲みたい』と思って水道の蛇口をひねった。でも出てきたのは空気だけでした。水道が止められたんです。涙が止まりませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る