ユーチューバーも愛用 茨城発のスグれもの塗料って何だ?

公開日: 更新日:

 大地震が頻発する日本で、今、社会問題になっているのが高度成長期に造られた高速道路や橋、ビルなどの劣化だ。国もこの問題に対応しようとしているが、サビで腐食した鉄や劣化したコンクリートの再生、延命に、「塗料」が大きな役割を果たしていることは意外と知られていない。

 老朽化したインフラの修繕などに使われる「機能性塗料」を作る企業が茨城県にある。機能性塗料とはどういうものか。開発・販売をしている株式会社「染めQテクノロジィ」SD統括部長の番場万有美氏に話を聞いた。

「弊社の塗料は単に色を塗るだけのものではなく、サビ取りせずにそのまま上から塗れる防錆塗料や、ひび割れたコンクリートを強化する塗料などです。独自のナノ技術(1ナノ=10億分の1)によって強力な密着力を発揮します」

 レストランの厨房の床は傷みやすく、修繕に数日かかっていたが、この塗料によって閉店後の作業でも翌朝からの営業が可能になった。そのため、高級ホテルのレストランをはじめ、大手外食チェーンでも利用されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  10. 10

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る