冬の会津 初心者も笑いが止まらないワカサギ釣りを体験

公開日: 更新日:

 冬の寒さが厳しいところは、冬に行くといい。その土地の本当の姿を見られるからだ。福島県の会津地方も今が旬。特別な体験ができるだろう。

 裏磐梯・桧原湖のワカサギは苦味がなくて甘い。東京・築地に卸していたころは、1匹100~150円で取引されたこともあったという。そんな高級魚が初心者でも笑いが止まらないほど釣れてしまう。

「コツは、真面目に釣ることです。誰かが釣れたときも、自分の竿先に集中してアタリを逃さない。マメなエサ交換も大事です」とアドバイスするのは、湖畔にあるワカサギ釣りの拠点「ゴールドハウス目黒」の目黒善一社長。湖上に浮かぶ釣り用のハウスを運営している。

 慣れている人はテントや竿を持ち込み、自分で氷に穴を開けて楽しむそうだが、こちらは初心者。暖房の効いたハウスの中で、インストラクターの指導を受けながら糸を垂らす。レンタルされる釣り竿は電動リールのタイプ。ボタンを押すと仕掛けが自動で底まで下りていく。あとは竿を小刻みに揺らして“誘い”を入れながら、アタリを待つだけ。ワカサギはすぐにエサを離すため、一瞬が勝負だ。アタリが来ているときに、アワセができなければ釣れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る