松本晋一
著者のコラム一覧
松本晋一索道愛好家・索道資料コレクター

タップダンサーとして活躍する傍ら、「索ちゃん」に目覚め、そのすべてを盛り込んだサイト「歓喜の索道」を運営する。著書に「ロープウェイ探訪」(グラフィック社)がある。東京都出身。54歳。

新穂高、函館山…絶対に外せない用途別オススメ「5路線」

公開日: 更新日:

 ロープウエーといっても、その規模や土地柄の違いで魅力も楽しみ方も千差万別である。今回は用途別にぜひ一度は乗っていただきたいロープウエーをご紹介します。

 まず、ロープウエーといえば大自然の中をグングンと上っていくのが大きな醍醐味である。岐阜県にある「新穂高ロープウェイ」は日本で唯一の2階建てゴンドラで360度、山に囲まれた景色に、思わずため息が出てしまう。今なら雪景色、夏の新緑、秋の紅葉と季節ごとに表情を変えるので何度訪れてもいい。

 次に、ロープウエーは大自然だけではなく、街を見下ろすというのもたくさんあります。

 北海道の函館を訪れたら、「函館山ロープウェイ」に乗らずに帰るなんてあり得ません。独特のあの両サイドがくびれた地形を上から見下ろすとやはり感動的である。

 昼の景色も素晴らしいが、何といっても夜景に人気がある。あいにく天候が悪く、山頂がガスで見えない時があると、乗るのをやめてしまう人がいるが、走行しているゴンドラがどの辺で見えなくなるか確認してほしい。中間地点ぐらいまでゴンドラが見えれば、ロープウエーからも途中までは景色を見ることができるのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る