佐川洋一
著者のコラム一覧
佐川洋一税理士・元国税調査官

税理士(元国税調査官)。財務省主税局及び国税庁勤務のほか、税務署調査筆頭部門統括国税調査官を歴任。二十数年在勤した後に退官し、現在は東京や関東圏の法人経営者や個人事業主向けに税務調査の立ち会い・相談に特化した税理士事務所(東京・渋谷区)を運営。(https://www.zeimutyousa.jp/)

企業の「インセンティブ」は課税対象…申告漏れに要注意!

公開日: 更新日:

 最近は外資系企業に限らず「インセンティブ」を導入する企業が多くなりました。

 従業員の成果に応じて賞与の額を変動させる方法が最も一般的でしょう。この場合は現金支給になるため、基本的には税務上の問題は生じませんが、譲渡制限付株式(RSU)やストックオプション(自社株購入権)といわれる「インセンティブ」は、現物株や株を買う権利の支給になるため、税務上の問題が生じやすいといえます。

 通常の株であれば、売却利益が発生した時点で課税されるのですが、RSUや税制非適格ストックオプションの場合、売却前の保有している段階で給与所得として課税されます。売却しておらず、納税資金がないことから、計画的に資金を準備していないと大変なことになります。とりわけ金額が大きい時は注意が必要です。

 私の事務所でも、しばしば現金以外で支給を受けるタイプのインセンティブに関わる税務相談を受けます。確定申告を失念して、税務調査の対象となるケースがそれだけ多いわけですが、これらの所得は「ほぼ課税できる」ことから、税務署が積極的に税務調査の対象として選定しているようにもみえます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る