部下に「なぜ・どうして」は要注意 頼れる上司への秘訣

公開日: 更新日:

 厚労省が3月28日に公表した、自殺防止を目的としたSNSでの相談対応のノウハウをまとめたガイドライン。カウンセリング団体やNPO法人の代表らによる作業部会がまとめたもので、内容はなかなか具体的。部下や家族の相談に乗る際の参考にもなりそうだ。

 たとえば「文字による相談の注意点」として、「オウム返しを多用すると、相談者は、書いたことを繰り返されているだけで内容を受け止めてもらえていない、適当にとらえられている、と感じる危険がある」と指摘。

「~がつらいです」という相談に対し、「~でつらいのですね」とオウム返しにするだけではダメで、「どういったふうにつらいのですか? よかったらお話しいただけますか?」といった具合に、受け止める言葉や質問を付け加えるようにアドバイスしている。

 他にも「絵文字やスタンプは、人によって受け取り方が違うため誤解されてしまう可能性がある」から積極的な使用は避けるなど、相談に乗る際の具体的な注意点をいろいろ挙げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る