【東横線新丸子編】東口から5分の怪しげな雑居ビル奥には

公開日: 更新日:

 東横線・新丸子駅で降りて、改札を西口方面に。右に進んで、すぐの四つ角を左に折れると、映画やテレビのロケに使われることで有名な大衆中華食堂「S」が。安くておいしくて料理が超早いことで有名なこの店は、仕事帰りのリーマンや地元の客で繁盛してたわ。

「S」を過ぎ、すぐの四つ角右に何やら異様な店が。店先におっかない大きな虎の置物をドンと置いた、まるで米国風海の家みたいな飲み屋。興味津々でドアを開けた。

「らっしゃいませ」と威勢良く迎えてくれた男性スタッフたちは、みんな「アウトレイジ」に出てきそうなコワモテ揃い。ギョッとしたけど、笑顔がカワイイから許しちゃう。

 レストラン&バーの「POWERS」は、サーフィンやスノボー好きのフレンドリーなスタッフが切り盛りするアメリカンダイナー。


 ラリー・カールトンが流れる粋なお店はカウンター5席、テーブル40席。サーフボードや、オジサンが喜びそうな古いグッズがあちこちに飾られて、昭和生まれの遊び心をギュッと掴む空間だわ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る