【東横線新丸子編】東口から5分の怪しげな雑居ビル奥には

公開日: 更新日:

 東横線・新丸子駅で降りて、改札を西口方面に。右に進んで、すぐの四つ角を左に折れると、映画やテレビのロケに使われることで有名な大衆中華食堂「S」が。安くておいしくて料理が超早いことで有名なこの店は、仕事帰りのリーマンや地元の客で繁盛してたわ。

「S」を過ぎ、すぐの四つ角右に何やら異様な店が。店先におっかない大きな虎の置物をドンと置いた、まるで米国風海の家みたいな飲み屋。興味津々でドアを開けた。

「らっしゃいませ」と威勢良く迎えてくれた男性スタッフたちは、みんな「アウトレイジ」に出てきそうなコワモテ揃い。ギョッとしたけど、笑顔がカワイイから許しちゃう。

 レストラン&バーの「POWERS」は、サーフィンやスノボー好きのフレンドリーなスタッフが切り盛りするアメリカンダイナー。


 ラリー・カールトンが流れる粋なお店はカウンター5席、テーブル40席。サーフボードや、オジサンが喜びそうな古いグッズがあちこちに飾られて、昭和生まれの遊び心をギュッと掴む空間だわ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  9. 9

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  10. 10

    専門家が分析 米中貿易戦争に負けない力強い日本企業59社

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る