【京急蒲田駅編】昭和な雰囲気漂う柳通りを探索すると…

公開日:

 京急蒲田駅西口は再開発でアーバンな雰囲気の駅前。駅正面の賑やかなアーケード街「あすと」から呑川方面の路地に一歩足を踏み入れると、昭和な空気漂う飲み屋街・柳通りが広がってたわ。

 再開発から取り残されたような横町は、個人経営の居酒屋やいかがわしいスナックが立ち並び、ワクワクしちゃう。

「あすと」にあるチェーンの干物居酒屋横の路地から柳通りに入って、すぐ右側に虹色に瞬く怪しげな看板の小料理屋が。すりガラスのドアから店内の様子はまったく見えない。いったいどんな店かしら。ゴクッと唾をのみ込み、ゆっくりドアを引いた。

 小料理屋「太平楽」は、笑顔がチャーミングな女将さんがひとりで切り盛りしてるスナックみたいな酒どころ。カウンター8席と小さなテーブル席の店内に昭和歌謡がしんみりと流れ、まるで演歌の世界。焼酎濃いめのレモンサワーを飲み、ホッと一息ついてると女将さんがさりげなくお通し代わりに厚揚げを焼いてくれた。カツオ節と刻みネギを少し焦げたキツネ色の厚揚げにのせ、軽く醤油をかけ食す。ホロホロとした香ばしさに、思わずうっとり。

「柳通りは戦後すぐからあった飲み屋街。昔からやってる店なんて、もうねぇな。昔、銀座でホステスしてたババァがやってるスナックはあるけど、ちょいと値段が高い。パチンコ屋の並びにあるモツ焼き屋Gはテレビで紹介されたけど、そこより近くにある小料理屋がオススメだぜ」(年配の常連客)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る