「あったら便利」機能が満載 自治体アプリはここまで進化

公開日: 更新日:

 SNSや動画ソフト、地図などは、スマホの必須アプリだろう。それらに比べると地味だが、意外と使い勝手がいいのが自治体のアプリ。そんな自治体アプリの最新事情を紹介しよう。

 自治体アプリの典型が防災アプリやゴミ出しアプリ。防災アプリというと、防災施設や災害時帰宅支援ステーションの検索などに役立つイメージだろう。そのほかにも、食品や室内の備えなど防災アイテムをチェックできたり、家族や友人に位置情報付きメールを送れる緊急ブザー機能があったりするほか、家族や友人との安否連絡機能を備えていたりする。では、ゴミ出しアプリは? ゴミの日を表示するカレンダーやゴミの日を知らせるアラート機能のほか、ゴミの分類方法やゴミの出し方などが詳細に分かる寸法――。

 こんな具合で「あったら便利」な機能が満載だ。例えば、東京都練馬区の「ねりまちてくてくサプリ」は、区民の健康増進を狙ったアプリ。血圧や体重、歩数などのデータを毎日記録しグラフで見られる機能や、生活習慣チェック機能など10の機能を搭載する。面白いのはウオーキング機能。区内の見どころ付きで、ねり丸スタンプがもらえる「区内てくてくコース」や歩数ランキング機能などがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る