体が不自由な2歳児のために!電動車イスを開発した高校生

公開日: 更新日:

“おもちゃ”を利用して電動車いすを開発。体が不自由な2歳の男の子にプレゼントした高校のロボット・クラブに称賛の声が寄せられている。

 米地方テレビ局「KALE11」(3月31日付電子版)などによると、ミネソタ州ファーミントンに住むシリアン・ジャクソン君(2)は遺伝子異常のため、体をうまく動かすことができない。

 移動のために電動車いすがあると便利なのだが、1台2万ドル(約220万円)以上もするため、保険でカバーすることができず、購入できない状態だった。

 そこで父親のテイラーさんが思いついたのが、母校ファーミントン高校のロボット・クラブ。さまざまな大会で優勝している。お願いしたら、電動車いすを製作してくれるんじゃないだろうか?

 相談を受けたクラブの顧問、スペンサー・エルブバックさんが部員たちに事情を説明したところ、全員が「やりましょう!」と賛同。開発が始まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

もっと見る