• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジワジワ消費額増える納豆 業界が手放しで喜べない理由

 納豆は、生まれた地域で好き嫌いがはっきりと分かれる食べ物だ。日ごろから食べる習慣がない関西に育った人たちからすれば、なぜ毎日のように喜んで食べるのか疑問。独特のにおいや食感が耐えられない人は少なくない。もっとも、ほとんどの関西人が食習慣を変えなくとも、納豆の売り上げは、じわじわと拡大中だ。全国納豆協同組合連合会によると、17年の納豆の消費額は2313億円となり、過去最高だった前年を129億円も上回った。普通だったら業界は大盛り上がりになるところだが……。

「納豆は不況になると売れる食品です。それが売れているというのは、日本経済が底を這っているということ。実は素直には喜べないのです」(同連合会の担当者)

 今年1月に日本政策金融公庫が実施した「消費者動向調査」を見ても、家計の苦しさは浮き彫りだ。現在の食の志向は「健康志向」「経済性志向」「簡便化志向」が3大志向と分析しているが、なかでも目立つのが経済性志向(35.1%)の増加で、前回調査(昨年7月)よりも2.3ポイントも上昇した。さらに簡便化志向(31.7%)を選んだ人は過去最高を記録している。健康に良い上に、安くて手軽に食べられるのが一番というわけだ。この3つは「安全志向」「手作り志向」「国産志向」「美食志向」を大きく引き離している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る