三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

映画「記者たち」が教えるアメリカ民主主義の底力

公開日: 更新日:

 先日、日比谷の映画館で「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」を見た。イラク戦争に踏み切ったブッシュ政権のウソを暴いた4人の記者の実話を映画化したものだ。

 当時の米国は「サダム・フセインは大量破壊兵器を保有している」と世界中に訴えた。これに米国の大手メディアが反応し、イラク戦争に突き進む権力の暴走を後押し。

 政府と報道を信じた米国民は、“ならずもの国家”の成敗に拍手を送っていた。

 ところが、いざフタを開けてみると、イラクは大量破壊兵器を持っていなかったし、その証拠とされる情報は捏造されたものだった。政府がでっち上げた証拠によって、米軍は2010年までに4000人以上の死者を出したわけだ。

 米紙ニューヨーク・タイムズは、戦争の翌年(2004年)に「タイムズとイラク」というタイトルの記事を掲載。イラク侵攻前の報道は間違ったもので、「あってはならないものがいくつもあった」と釈明したが、この作品のモデルとなった中堅通信社だけは最初から、戦争ありきのブッシュ政権を批判する記事を配信。裏切り者呼ばわりをされ、脅迫まで受けながらも、綿密な取材によって大量破壊兵器の保持が間違っていることを突き止めたんだ。四面楚歌の状況でも粘り強く真実に迫った記者たちの物語には、激しく心を揺さぶられたよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る