金町から柴又へ「矢切の渡し」を経て寅さんワールドを歩く

公開日: 更新日:

 今回はJR常磐線の金町駅がスタート地点。夏には近くの江戸川で葛飾区の花火大会が行われ、見物客でごった返します。

 北口から商店街を抜け岩槻街道に出て左へ。4月に入ったのに北風が寒いです。しばらく進むと、“しばられ地蔵”の案内があり、右折。南蔵院の立派な門が見えてきます。

 名奉行とうたわれた大岡越前守忠相ゆかりの“しばられ地蔵”にお参りします。あらゆる願い事を聞いてくれる地蔵尊として、お願いするときは縄で縛り、願いがかなうと縄解きをする風習が生まれたとか。グルグル巻きにされたお地蔵さまを見ると、どんだけ願い事をする人が多いか、一目瞭然ですね。大晦日の夜に、地蔵さまの縄解き供養が行われています。

 岩槻街道に戻って、常磐線を横切り水戸街道(国道6号)方面へ。いったん松戸方面に曲がり、江戸川に架かる新葛飾橋のたもとで右折。江戸川土手に出たら「矢切の渡し」までひたすら歩きます。小説「野菊の墓」や細川たかしの歌で有名です。この渡し場は、唯一現存する渡し船ですが、あいにく風が強くて運航中止でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る