がんが全身に転移…余命3カ月の男性が犬の駆虫薬で完治?

公開日: 更新日:

 ホント? なんて声が聞こえてきそうだ。

 全身にがんが転移し、「余命3カ月」と宣告された米国の男性が、犬の駆虫薬を飲むことで完全回復したというニュースが世界中の注目を集めている。

 英紙「サン」(4月27日付電子版)などによると、この男性はオクラホマ州エドモンドに住むジョー・ティッペンズさん(写真)。

 2016年に小細胞肺がん(SCLC)と診断されて治療を始めたが、17年1月には、がんは胃、首、脾臓、骨など全身に転移し、手の施しようのない状態になった。

 医者からは「ここまで転移しては回復の見込みは約1%です。余命は3カ月ほど」と宣告された。

 ジョーさんは「余命を1年まで伸ばせるかもしれない」という実験療法に参加すると同時に、何か奇跡を起こす別の方法はないものか、とあれこれ調べていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  3. 3

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  7. 7

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  8. 8

    全英注目!交通事故で即死の母狐から救い出された赤ちゃん

  9. 9

    熱狂マダムを生む出す純烈リーダー・酒井一圭の義理堅さ

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る