鈴木美穂さん<6>職場復帰するもフルで働けず再発にも…

公開日: 更新日:

■カツラが飛んじゃうかもしれない

 以前と同じぐらいに「やれる!」と感じられるまで1年、そこからカツラを脱ぐまでは、さらに1年を要している。

「ずっと髪の毛が長かったので、元気になって残業をできるようになってからも、病人っぽく見られないようにかぶっていたんです。おかげで病気のことを知らない同僚から『いつも髪形決まっているよね』と褒められたり。一度、台風中継に行くように言われて、『カツラが飛んじゃうかもしれないので、やばいでしょ』と断ったこともありました。カツラが取れたあとに初めて台風中継をやったときは、化粧とかがボロボロになっているのに、やけにうれしそうだったと思います」

 本格復帰した2010年の11月、がんのドキュメンタリー番組を作った。がんになったディレクターの視点で、がんを乗り越えた3人に取材、病との向き合い方を描くという企画だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  6. 6

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  7. 7

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

  8. 8

    34年ぶりリメーク「ヤヌスの鏡」は周到なダサさが成功の鍵

  9. 9

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る