鈴木美穂さん<9>「世界一周」夫の提案受け入れ退社を決意

公開日: 更新日:

 人事の担当者に「NPO法人を立ち上げたい」と相談したところ、「給料をもらわないボランティアの形なら」とOKが出た。看護師の秋山さんと、がんを経験した鈴木さん。2人が共同代表として設立のために奔走した「マギーズ東京」は2016年10月にオープンした。

「そのタイミングで、また、仕事をどうしようかと悩んだんです。記者として行かなきゃいけない現場があれば、そっちが優先なので、他の予定を入れることができなかった。それで、講演をすればマギーズへの寄付がもらえるってありがたい申し出があっても、ほぼ受けられないというもったいない状況も続いたのです。希望した厚労省の担当も2年が過ぎて、そろそろ交代の時期。潮時かなって思うようになっていました」

 そんな時、内々に「12月から本社に戻り、1月からキャスター兼務だ」の人事を告げられる。1週間は記者としてフル稼働し、次の1週間はキャスターという働き方。キャスターの週は「情報ライブ ミヤネ屋」が終わる4時すぎぐらいには好きなことがやれる。会社もNPOも、どちらも全力で取り組める勤務スタイルだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る