筑駒、雙葉などで続々 名門中学が貧困問題を出題する理由

公開日: 更新日:

 恵まれた環境と恵まれた能力を、弱者のために使ってほしい……。東大入学式での祝辞が話題になったが、弱者に注目するのは名門中学も同じ。今年の入試では、貧困や格差をテーマにした出題が相次いだという。中学受験専門塾スタジオキャンパス代表の矢野耕平氏に話を聞いた。

「そういう問題が出題されるようになったのは、ここ1、2年。今年は筑波大学付属駒場、雙葉、聖光学院などで出題されました」

 たとえば社会科の試験では、海外の難民やストリートチルドレンに関する問題が出たり、日本のセーフティーネットである「生活保護」を書かせる問題が出たり。

「国語の物語文は、受験生と同年代の子が主人公になる話が中心ですが、最近は複雑な環境に置かれた子がよく登場します。例えば、ホームレスと交流する少年の話とか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

もっと見る