アイモバイルvsサイネックス ふるさと納税支援サイトの待遇

公開日: 更新日:

 ふるさと納税の新制度が6月に始まります。返礼品の額が寄付金の30%以内となるなど条件が悪くなりますが、これに伴い、総務省は高額返礼品でバトルを繰り広げた大阪府泉佐野市など4自治体を排除するようです。今回の損得は、そのふるさと納税事業を手掛ける「アイモバイル」と「サイネックス」の社員待遇を比較してみました。

 アイモバイルは渋谷に本社を置くIT企業です。ふるさと納税がスタートする前年の2007年に設立され、ふるさと納税支援サイト「ふるなび」を運営しています。他にインターネット広告、人材紹介、ふるなびトラベルなど多種にわたる事業を行っています。

 対するサイネックスは1953年に「近畿電話通信社」として創業。現在は大阪市に本社を置き、「わが街ふるさと納税」を運営しています。他にも出版社や不動産事業などを手掛けています。

 前期の連結売上高はアイモバイルが179億円に対し、サイネックスが129億円。経常利益も20億円と5億円でアイモバイルが上回ります。アイモバイルはふるさと納税サイトが好調で、19年7月期の売上高が200億円超になる見込みです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る