松本圭司
著者のコラム一覧
松本圭司美薄毛研究家

1973年、神戸市生まれ。慶応大学環境情報学部卒業、神戸大学大学院修了(MBA)。20代後半から頭髪が後退し、コンプレックスを抱く。2016年にハゲの人が自信が持てるライフスタイルを提唱する「カルヴォ」を設立。近著に「ハゲを着こなす」(WAVE出版)がある。

“薄毛=モテない”は都市伝説 73%の女性が「似合えばOK」

公開日: 更新日:

 この問いかけへの女性の回答は、「薄毛を何らかの方法で隠している」が約1割、残りの9割が「薄毛を堂々と見せている」を支持している。

 さらに、「少ない毛に執着せず、短髪あるいはスキンヘッドにしている男性に好感が持てるか?」という問いにも、9割近くの女性が「はい」と答えている。

 他にも「30代、40代男性と交際する際に嫌なものはどれか」では、ハゲ・薄毛は21%と低く、キツめの口臭96%、体臭93%、上から目線83%などに比べ、決定的なNG要素ではないことが浮き彫りになった。

「男性の多くは女性にモテなくなるのではという恐怖心から、反射的にハゲを隠す、増やすという行動をとってしまいがち。ところが、これがかえって女性からの好感度を下げてしまう。この負のスパイラルは避けなければなりません」

 ハゲを隠す、増やすコストは30歳から60歳まで30年間続けた場合、シート式増毛法で4200万円、カツラで630万円とされ、家や車が買えるほどに膨らむ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る