「SNSを超える『第4の居場所』」 岡田尚起、佐藤大輔著

公開日: 更新日:

 人には、自分のホームベースともいえる第1の場としての自宅と、職場や学校など社会的な活動を行う第2の場がある。けれど、第1の場の自宅と第2の場の会社を往復するだけでは満たされない思いがあり、そんな思いを満たす第3の場として流行したのが、インターネットを通じて人間関係を広げるSNSの世界だった。

 けれど、SNSよりもさらにお互いの体温が感じられるような交流ができる場所はないか。そう考えた著者2人は、インターネットラジオの世界に第4の居場所をつくることに挑戦した。本書は、インターネットラジオ局「ゆめのたね」をつくり上げた彼らの足跡をつづった書だ。

「ゆめのたね」では、高校生から70代の高齢者まで、元暴走族や性同一性障害のある人や引きこもりなど、個性豊かな561人がパーソナリティーとして集う。自分と違う特性を持つ人を色眼鏡で見ることはない、多様性を肌で感じられる媒体としてのインターネットラジオの可能性に目が開かれる。

(アンノーンブックス 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る