「SNSを超える『第4の居場所』」 岡田尚起、佐藤大輔著

公開日:  更新日:

 人には、自分のホームベースともいえる第1の場としての自宅と、職場や学校など社会的な活動を行う第2の場がある。けれど、第1の場の自宅と第2の場の会社を往復するだけでは満たされない思いがあり、そんな思いを満たす第3の場として流行したのが、インターネットを通じて人間関係を広げるSNSの世界だった。

 けれど、SNSよりもさらにお互いの体温が感じられるような交流ができる場所はないか。そう考えた著者2人は、インターネットラジオの世界に第4の居場所をつくることに挑戦した。本書は、インターネットラジオ局「ゆめのたね」をつくり上げた彼らの足跡をつづった書だ。

「ゆめのたね」では、高校生から70代の高齢者まで、元暴走族や性同一性障害のある人や引きこもりなど、個性豊かな561人がパーソナリティーとして集う。自分と違う特性を持つ人を色眼鏡で見ることはない、多様性を肌で感じられる媒体としてのインターネットラジオの可能性に目が開かれる。

(アンノーンブックス 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る