「SNSを超える『第4の居場所』」 岡田尚起、佐藤大輔著

公開日: 更新日:

 人には、自分のホームベースともいえる第1の場としての自宅と、職場や学校など社会的な活動を行う第2の場がある。けれど、第1の場の自宅と第2の場の会社を往復するだけでは満たされない思いがあり、そんな思いを満たす第3の場として流行したのが、インターネットを通じて人間関係を広げるSNSの世界だった。

 けれど、SNSよりもさらにお互いの体温が感じられるような交流ができる場所はないか。そう考えた著者2人は、インターネットラジオの世界に第4の居場所をつくることに挑戦した。本書は、インターネットラジオ局「ゆめのたね」をつくり上げた彼らの足跡をつづった書だ。

「ゆめのたね」では、高校生から70代の高齢者まで、元暴走族や性同一性障害のある人や引きこもりなど、個性豊かな561人がパーソナリティーとして集う。自分と違う特性を持つ人を色眼鏡で見ることはない、多様性を肌で感じられる媒体としてのインターネットラジオの可能性に目が開かれる。

(アンノーンブックス 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る