仏トゥーロン国際は東京五輪の主役候補FW小川航基に注目

公開日: 更新日:

6月1日にフランスで開幕する「トゥーロン国際大会」(決勝=15日)に出場するU-23(23歳以下)日本代表メンバーが17日、発表された。

 同時期にUー20(20歳以下)W杯、キリンチャレンジ杯、ブラジルでコパ・アメリカなどが開催されるので「森保監督も選手を集めるのにひと苦労。そもそも現地フランスでさい配をふるうのは横内コーチ。森保監督はコパに参戦するA代表を指揮する」(サッカー関係者)。そういった状況の中、大きな期待を集めているのが磐田FW小川航基(21=写真)だ。

 元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が言う。

「神奈川・桐光学園時代からオールラウンダー系のストライカーとして注目され、J磐田でも結果を残して17年Uー20W杯に出場したが、2試合目に左ヒザ前十字じん帯断裂の大ケガを負った。コンディションを戻し、2020年東京五輪のエース候補としてフランスでどんなプレーを見せてくれるのか? 身長186㌢のフィジカルを生
かしたポストプレー、DFの背後を突くスピード、決定力の高さなどストライカーに求められる資質の多くの兼ね備えているFW小川は要注目です」

 初戦は6月1日午後10時5分キックオフのイングランドであるーー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る