柏木理佳
著者のコラム一覧
柏木理佳生活経済ジャーナリスト

1968年生まれ。生活経済ジャーナリスト。城西国際大学院国際アドミニストレーション研究科准教授。MBA(経営学修士)取得後、育児中に桜美林大学大学院にて社外取締役の監査・監督機能について博士号取得。香港、シンガポール、豪州、中国に滞在し、世界15カ国の人と働いた経験を持つ。著書は「デキる女にはウラがある」(あさ出版)など多数。

人気沸騰中「小4からのサマースクール」で注意すべき点は

公開日: 更新日:

 小学4年から学童保育が使えないのはご周知の通り。だから長期休みは、親にとっては地獄のようなもの。そこで便利なのが合宿やキャンプ、サマースクールです。宿泊を伴うので不安という親には日帰りという選択肢も。3日~1カ月単位で毎日通学できる英語塾やプログラミング教室、絵画教室などもあります。

 特に人気が高いのは東京にあるインターナショナルスクールなどが主催するサマーキャンプです。すでに、数カ月前からの予約開始とともに申し込み合戦がスタートし、説明会まで実施。それでもキャンセル待ちが50人以上のスクールもあるほどです。小学4年以降なら、ユナイテッドスクールオブ東京(1週間4万5000円)、小室圭さんの出身といわれているカナディアン(2週間13万円)、プログラミングのローラス(1週間4万5000円、入会金5400円)、ミュージカルコースもある神奈川・相模原市のLCA国際(4日間3万9000円)などがあります。その他、内部生の申し込みがない場合のみ募集するスクールもあるので、毎年確認する必要があります。有名なアメリカンスクール調布(10日間15万円)は中学2年まで通えますが、今は空きがないほどの人気です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る