大岡玲
著者のコラム一覧
大岡玲作家

1958年生まれ、東京外大卒。「黄昏のストーム・シーディング」で三島由紀夫賞。「表層生活」で芥川賞。小説執筆の他に書評、美術評論、ワインエッセーなど幅広い分野で活躍。「本に訊け!」「男の読書術」「新編 ワインという物語 聖書、神話、文学をワインでよむ」などの著作がある。東京経済大教授。

【子どもの詩】あのホワイト企業の知られざる文化的偉業

公開日: 更新日:
1960年(!)から毎月発刊され続けている児童詩誌「サイロ」/(C)日刊ゲンダイ

 北海道土産でお菓子といえば、多くの人がまず六花亭を思い浮かべるのではないか。安心感のあるおいしさのマルセイバターサンドが有名だが、日本で初めてホワイトチョコを開発・販売したのはここであり、手頃な「おやつ値段」で買える佳品をバターサンド以外にいくつも発売している。また、ホワイトチ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  4. 4

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る