小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<4>「まねしたいテクニック」は丸ごと漏らさず書き留める

公開日: 更新日:

 40代で仕事の壁にぶつかったときに編み出した「2冊のノート術」。ありのままの感情をぶつける「発散ノート」と、自分だけの参考書にする「改善ノート」を活用するものですが、今回は応用編です。

 改善ノートには、直接いただいたアドバイスだけではなく、本やテレビ、ラジオ、インターネットなどで見聞きした「まねしたいテクニック」も書き留めています。

 例えばあるページには、古舘伊知郎さんが大物財界人を番組に招いたときのやりとりを、冒頭のあいさつからそのまま一字一句漏らさず書き写しています。

 読売テレビ時代の先輩、辛坊治郎キャスターの仕切りも本当にすごくて、関西弁が時折交じるところも肌に合うので、細かくたくさん書き起こしました。

 ほかのページには、フリーアナウンサーの荒川強啓さんがラジオ番組でコマーシャルに入る前に使う言い回しもあります。「Aさんはこう言った。Bさんはこういう意見。それを受けて、コマーシャルを挟みまして、ではこの先どうしていくかについて展開していきます」というものです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  6. 6

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

もっと見る