“ワンペダル”や“後付け” 踏み間違い防ぐ安全装置最新事情

公開日: 更新日:

 高齢ドライバーによる事故の防止に効果的だと考えられているのが「自動ブレーキ」のシステムだ。これ、どんな状況でもクルマが勝手に停車してくれるわけではないので、国交省は「衝突被害軽減ブレーキ」と呼ぶよう“指導”しているが、名前がどうであれ、装置は急速に普及している。

 政府が目標としているのは、2020年に新車で9割の搭載だ。17年の新車搭載率は、すでに77.8%と8割近いので、クリアは確実。ブレーキと間違ってアクセルを踏んでしまったときに急発進を防ぐ「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」も、同65・2%に搭載済みだ。

 もっとも、日々の道路を走っているのは新車ばかりではない。車歴が古ければ搭載されていないケースが多く、ソニー損保の「2018年 全国カーライフ実態調査」によると、マイカーに衝突被害軽減ブレーキが搭載されているという人は20.3%だった。8割のドライバーは後付けの装置に頼るしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る