“ワンペダル”や“後付け” 踏み間違い防ぐ安全装置最新事情

公開日: 更新日:

 高齢ドライバーによる事故の防止に効果的だと考えられているのが「自動ブレーキ」のシステムだ。これ、どんな状況でもクルマが勝手に停車してくれるわけではないので、国交省は「衝突被害軽減ブレーキ」と呼ぶよう“指導”しているが、名前がどうであれ、装置は急速に普及している。

 政府が目標としているのは、2020年に新車で9割の搭載だ。17年の新車搭載率は、すでに77.8%と8割近いので、クリアは確実。ブレーキと間違ってアクセルを踏んでしまったときに急発進を防ぐ「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」も、同65・2%に搭載済みだ。

 もっとも、日々の道路を走っているのは新車ばかりではない。車歴が古ければ搭載されていないケースが多く、ソニー損保の「2018年 全国カーライフ実態調査」によると、マイカーに衝突被害軽減ブレーキが搭載されているという人は20.3%だった。8割のドライバーは後付けの装置に頼るしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る