JAFにも救援依頼急増 “クルマの命”タイヤの健康管理5項目

公開日: 更新日:

 高速道路でタイヤが突然、バースト……。シャレにならない状況だが、他人事ではない。JAFによれば、パンクやバースト、空気圧不足などタイヤに関する救援依頼が急増していて、2017年度は過去最高の39万1799件を記録。この10年で約10万5000件も増えている。今や全体の17%だ。高齢者の危険運転だけでなく、タイヤの事故も要注意だろう。今回は、安全、安心なタイヤ選びのイロハを探る。自動車ジャーナリストの横田晃氏に聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 新品のタイヤの溝は、8ミリほどで、1.6ミリ以下で走ると、道路交通法違反だ。一般に走行距離5000キロで、溝は1ミリ摩耗するといわれる。単純計算で、(8―1.6)×5000=3万2000キロ走ると、溝が道交法違反ラインに。“走行距離3万キロがタイヤ交換の目安”といわれるのはそのためだが、それでは危ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る