JAFにも救援依頼急増 “クルマの命”タイヤの健康管理5項目

公開日: 更新日:

 高速道路でタイヤが突然、バースト……。シャレにならない状況だが、他人事ではない。JAFによれば、パンクやバースト、空気圧不足などタイヤに関する救援依頼が急増していて、2017年度は過去最高の39万1799件を記録。この10年で約10万5000件も増えている。今や全体の17%だ。高齢者の危険運転だけでなく、タイヤの事故も要注意だろう。今回は、安全、安心なタイヤ選びのイロハを探る。自動車ジャーナリストの横田晃氏に聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 新品のタイヤの溝は、8ミリほどで、1.6ミリ以下で走ると、道路交通法違反だ。一般に走行距離5000キロで、溝は1ミリ摩耗するといわれる。単純計算で、(8―1.6)×5000=3万2000キロ走ると、溝が道交法違反ラインに。“走行距離3万キロがタイヤ交換の目安”といわれるのはそのためだが、それでは危ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る