人身事故の加害者になったら…遺族への謝罪はどうするべき

公開日: 更新日:

 大津市で保育園児らを巻き込んだ人身事故。新立文子容疑者(52)が15日、現場の実況見分に立ち会った。事故では伊藤雅宮ちゃん(2)と原田優衣ちゃん(2)の尊い命が失われている。

 加害者にとっては一瞬の判断の誤りが人生を絶望の淵へと追い込む事態となったが、今後は刑事と民事責任が待ち受けている。そして最も忘れてはいけないのが、遺族への謝罪という道義的な責任だ。

 今の彼女は頭が真っ白だろうが、どうやって謝罪を進めるべきなのか。これは全ドライバーに可能性がある問題であり、東池袋での事故のように高齢の父親が加害者であれば、息子や妻として対処していかなくてはいけない問題でもある。

 まず、葬儀には参列すべきか?

「追い返される可能性は高いでしょうが、それでも行くべきで、依頼人にはそう伝えます。『来ないでくれ』という遺族の言葉を受けて参列を自粛したとしても、後日になって遺族側が『あの人は葬儀にも来なかった』と心証を変化させることもあります」(アトム市川船橋法律事務所の高橋裕樹代表弁護士)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  4. 4

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る