中学受験とお金<下>成功の秘訣は外遊びと毎日のドリル習慣

公開日: 更新日:

 中学受験の費用は一般的に、小学校4年から6年までの進学塾通いだけで約260万円かかるといわれている。さらに、家庭教師をつけた場合、家計への打撃は大きい。

 しかし、塾ソムリエでプロ家庭教師集団「名門指導会」代表・西村則康さんによると、費用を抑えるコツはあるという。その鍵は、低学年までの時間の過ごし方にあるとのこと。

「よく、低学年のうちからお子さんを塾に通わせるご家庭がありますが、よく分からないうちから嫌々勉強させても逆効果になりやすいですし、受験勉強のむやみな前倒しは百害あって一利なしです」

 低学年のうちから受験勉強を始めるのは、お勧めできないという。

「小学3年生くらいまでは、勉強を詰め込むよりも身体感覚を身につけさせることが何よりも大切です。これが受験に大きく影響してきます。具体的には自然の中で思いっきり遊ばせて、五感を養うことです。この機会が少ないと身体感覚は育ちません。なぜ身体感覚が受験に必要かというと、受験で出題される問題は12歳なりの知性と教養を問うもので、これは子供の身体感覚と強く結びついているからです。例えば、『水の入ったバケツは重いが、衣類の入った箱はそれほど重くない』という感覚は密度の理解に直結します。形式的に処理していく能力だけでは、こうした問題を解くのは難しいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

もっと見る