売り上げ去年の126倍 愛知県篠島でシラス大量水揚げのナゼ

公開日: 更新日:

 うれしい悲鳴が上がっている。愛知県の篠島で、昨年不漁だった島名物のシラスが、大量に水揚げされているのだ。

 シラス漁のシーズンは、春先から秋ごろである。愛知県水産試験場によると、今月の水揚げ量(20日時点)は、昨年同月の9トンをはるかに上回る505トン。一昨年同月は0トンだったというから、今年は驚くべき豊漁なのだ。

 加えて、篠島漁協の調べでは、今月のシラスの売り上げが2億1540万円、昨年のおよそ126倍に上っているという。

 なぜこんなにシラスが大量に取れているのか。愛知県水産試験場の下村友季技師がこう言う。

「昨秋にシラスが多く発生したことと関係しています。シラスは成長するとカタクチイワシになります。カタクチイワシは暖かい場所を好むので、例年は伊勢湾から出て行ってしまうのですが、昨冬の伊勢湾の水温が高かった影響により、そのまま湾内に残ったと考えられます。春から夏ごろにかけて産卵し、稚魚であるシラスがいまになって大量に水揚げされているのだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  6. 6

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

もっと見る