小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<13>感謝はその日のうちに…みんなの前で言葉で伝える

公開日: 更新日:

 テレビ番組を制作するチームには、画面に映らないけど雰囲気をもり立ててくれるスタッフの存在が欠かせません。私が担当するコーナーもそうです。数字には表れなくても確実に貢献をしてくれる仲間が必要ですし、周囲に助けてもらった時は、たとえそれがささやかなことであったとしても、その日のうちに面と向かって感謝を言葉で伝えるように心掛けています。

 私が担当する注目ニュースの解説コーナー「ナゼナニっ?」は下調べの量が膨大です。それをどうやって整理して伝えるか、言葉の吟味にも終わりがありません。いつもスタジオに入る直前まで髪を振り乱して、「あれ、どうなってる!?」「それが終わったら、こっちをやって!」という感じで、ギリギリまで追い込まれていることがほとんど。

 特に複雑なテーマを扱う時や直前まで取材に追われてスタジオ入りした日などは、コーナーの放送中も心臓のバクバクが鳴りやみません。画面ではあまり伝わらないかもしれませんが、内心は不安でいっぱい。「大丈夫かな~、うまく伝わっているかな~」と気遣いをしながらコーナーを進めています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る