松崎のり子
著者のコラム一覧
松崎のり子消費経済ジャーナリスト

消費経済ジャーナリスト。生活情報誌の編集者として20年以上、マネー記事を担当。貯蓄成功のポイントはお金の使い方にあるとの視点で、貯蓄・節約アドバイスを行う。著書に「『3足1000円』の靴下を買う人は一生お金が貯まらない」「定年後でもちゃっかり増えるお金術」(ともに講談社)など多数。

浪費は「もったいない」の気持ちから 3つの行動パターン

公開日: 更新日:

 庶民の祈りは届かず、10月からの消費増税は予定通り実行される模様だ。足元の景気は雲行きが怪しく、令和初のボーナスも大手企業の平均では2年ぶりに減少傾向だというのに、政府の強気は変わらない。増税を口実に小遣いが削られるのでは、と戦々恐々としている人も多いのではないだろうか。

 給料が増えないなら、少しでも節約になる方法を探して支出を減らそうとするものだ。しかし、その考え自体がお金が貯まらない浪費体質につながってしまうことがある。ムダ遣いしている意識がない人ほど、その根は深い。次のような行動をしていないか、まず振り返ってみてほしい。

【ケースA】コンビニのアプリから通知が届いた。コーヒー無料クーポン配布中だという。出かける用事はなかったが、せっかくなのでそこまで出かけ、ついでにサンドイッチも買った。

【ケースB】いつも利用するネット通販から、「今月で期限切れになるポイントがあります」とのメールが。調べたら100ポイントほどある。買うものがないかあれこれ検索して、送料無料になるまで3000円近く買い物をした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る