下重暁子さん<3>台風の3カ月後、家畜の死骸の異臭が漂い…

公開日: 更新日:

 NHKに入局して1年目の1959年9月26日、5098人の犠牲者を出した伊勢湾台風が発生した。配属先の名古屋放送局にいた下重さんは、取材者と被害者の立場を経験することになる。

「当時、天気予報では〈夕方に台風が来る〉という程度で、あれだけの甚大な被害になるとは思ってもいませんでした。風が次第に“キーキー”といった女性の悲鳴のような音になっていき、男性スタッフから『女は寮に帰りなさい』と指示されたので、私と野際陽子さんは帰ることに。女性保護のつもりだったのでしょうが、男性アナの後方支援でもいいから携わりたかったし、腹が立ちましたね」

 寮の食堂の電気が消え、3階の自室に戻ると、ガラス窓が弓なりに反っていた。身の危険を感じたという。

「怖くなって部屋にいられなくて、野際さんと一緒に食堂の隣の部屋に避難しました。ろうそくをつけて、五目並べをしながらラジオを聴いていたのです。すると、『◯◯さんの住宅の瓦が飛んだ』などの情報は伝えられましたが、海抜ゼロメートル地帯や名古屋港に高潮が押し寄せていたこと、川が氾濫する危険性などは報道されなかった。一番危険な場所には報道陣も近づけませんから、詳細な現場の様子を伝えるのは難しかったのでしょうね。これは今も同じです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る