商談中に汗だく…ジャケットを脱いでも失礼にならない?

公開日: 更新日:

 先日、クライアントから「ジャケット着用で営業に来た人が、商談中にずっとタオルで汗を拭っていた。集中して話を聞いているのかと不安になる」と相談を受けました。

 私は、マナーは「先手必勝」と考えています。訪問者は失礼のないように、という気遣いから、暑いのにジャケットを着用している可能性があります。そうであれば、訪問された側が先手で「暑いでしょうから、どうぞジャケットをお脱ぎいただければ」「よろしければ、ジャケットをお預かりしましょうか」などと促せば、スマートですね。

 英国でのあるランチ会のエピソードを紹介しましょう。

 その日は英国にしては珍しく蒸し暑い日で、参加者は汗だくになっていましたが、フォーマルな場だったため参加者はジャケットを脱ぐことができませんでした。すると、そこにいらしたウィリアム王子が率先してジャケットを脱いだのです。まさにこれは型破りな行動なのですが、この行動に「さすがはウィリアム王子」と会場にいた紳士たちは絶賛。皆さん、次々にジャケットを脱ぎ、心地よくなれたとのこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る