商談中に汗だく…ジャケットを脱いでも失礼にならない?

公開日: 更新日:

 先日、クライアントから「ジャケット着用で営業に来た人が、商談中にずっとタオルで汗を拭っていた。集中して話を聞いているのかと不安になる」と相談を受けました。

 私は、マナーは「先手必勝」と考えています。訪問者は失礼のないように、という気遣いから、暑いのにジャケットを着用している可能性があります。そうであれば、訪問された側が先手で「暑いでしょうから、どうぞジャケットをお脱ぎいただければ」「よろしければ、ジャケットをお預かりしましょうか」などと促せば、スマートですね。

 英国でのあるランチ会のエピソードを紹介しましょう。

 その日は英国にしては珍しく蒸し暑い日で、参加者は汗だくになっていましたが、フォーマルな場だったため参加者はジャケットを脱ぐことができませんでした。すると、そこにいらしたウィリアム王子が率先してジャケットを脱いだのです。まさにこれは型破りな行動なのですが、この行動に「さすがはウィリアム王子」と会場にいた紳士たちは絶賛。皆さん、次々にジャケットを脱ぎ、心地よくなれたとのこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  5. 5

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  6. 6

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る