黒川祥子
著者のコラム一覧
黒川祥子

ノンフィクション作家。1959年、福島県生まれ。家族の問題を中心に執筆活動を行う。著書に「誕生日を知らない女の子 虐待―その後の子どもたち」など。

親の家で生きたくない!20年ひきこもりから脱した51歳男性

公開日: 更新日:

 8050問題に限らず、ひきこもりの場合、その人の数だけ異なる事情や背景がある。共通しているのは「ひきこもった」という事実だが、ひきこもり方もさまざま。ひきこもり全員が、部屋から一歩も出ず、昼夜逆転でゲームをやり続けているわけではない。

 内閣府の定義では、外出をしても“情緒的交流(感情の伴った交流)”を回避するのも、ひきこもりとされている。

 開業医の長男として生まれたAさん(51)は、絶対的支配者であった父の「教育虐待」が大きく、人生に影を落としていた。父に従うだけの母はあまりに弱い存在だった。

 食卓は一家だんらんとは程遠く、常にイライラし、母に当たり散らす父の怒声に、Aさんはいつも怯えていた。「医者になれ!」と言われ、成績がいいと父が喜ぶので勉強はしたが、期待に応えられたのは名門高校進学までだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る