卓球張本は高校入学で文武両道へ GF最年少Vでも方針ブレず

公開日:

「最高としか言いようがない。メンタルが1年で強くなったと思う」

 喜びを語ったのは16日、卓球のグランドファイナル(GF)決勝で初優勝を果たした張本智和(15)だ。

 15歳6カ月でのGFシングルスVは男女を通じて史上最年少。女子ダブルスで昨年準優勝の伊藤美誠(18)・早田ひな(18)ペアも中国ペアを破って優勝した。

 2歳でラケットを握った張本は、共に卓球選手だった中国人の両親から卓球の英才教育を受けてきた。

 東京都内の中学校へ進学したのと同時に、2016年に日本オリンピック委員会がジュニアアスリートを養成するエリートアカデミー(EA)へ入校。同年12月には世界ジュニア選手権で大会史上最年少(13歳5カ月)優勝を果たすなど、卓球界で頭角を現していった。EAは高校に通いながら所属することも可能だが、張本は学業と競技の両立を目的に、あえてEA“卒業”を選択。来春はTリーグで所属するチームの拠点に近い日大高(神奈川県横浜市)への進学を希望している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る