卓球張本は高校入学で文武両道へ GF最年少Vでも方針ブレず

公開日: 更新日:

「最高としか言いようがない。メンタルが1年で強くなったと思う」

 喜びを語ったのは16日、卓球のグランドファイナル(GF)決勝で初優勝を果たした張本智和(15)だ。

 15歳6カ月でのGFシングルスVは男女を通じて史上最年少。女子ダブルスで昨年準優勝の伊藤美誠(18)・早田ひな(18)ペアも中国ペアを破って優勝した。

 2歳でラケットを握った張本は、共に卓球選手だった中国人の両親から卓球の英才教育を受けてきた。

 東京都内の中学校へ進学したのと同時に、2016年に日本オリンピック委員会がジュニアアスリートを養成するエリートアカデミー(EA)へ入校。同年12月には世界ジュニア選手権で大会史上最年少(13歳5カ月)優勝を果たすなど、卓球界で頭角を現していった。EAは高校に通いながら所属することも可能だが、張本は学業と競技の両立を目的に、あえてEA“卒業”を選択。来春はTリーグで所属するチームの拠点に近い日大高(神奈川県横浜市)への進学を希望している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  10. 10

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る