卓球張本は高校入学で文武両道へ GF最年少Vでも方針ブレず

公開日: 更新日:

「最高としか言いようがない。メンタルが1年で強くなったと思う」

 喜びを語ったのは16日、卓球のグランドファイナル(GF)決勝で初優勝を果たした張本智和(15)だ。

 15歳6カ月でのGFシングルスVは男女を通じて史上最年少。女子ダブルスで昨年準優勝の伊藤美誠(18)・早田ひな(18)ペアも中国ペアを破って優勝した。

 2歳でラケットを握った張本は、共に卓球選手だった中国人の両親から卓球の英才教育を受けてきた。

 東京都内の中学校へ進学したのと同時に、2016年に日本オリンピック委員会がジュニアアスリートを養成するエリートアカデミー(EA)へ入校。同年12月には世界ジュニア選手権で大会史上最年少(13歳5カ月)優勝を果たすなど、卓球界で頭角を現していった。EAは高校に通いながら所属することも可能だが、張本は学業と競技の両立を目的に、あえてEA“卒業”を選択。来春はTリーグで所属するチームの拠点に近い日大高(神奈川県横浜市)への進学を希望している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  3. 3

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  7. 7

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  8. 8

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  9. 9

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  10. 10

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

もっと見る