高速道路で渋滞を回避するために選ぶべき車線はどれ?

公開日: 更新日:

 お盆帰省といえば、渋滞が名物。せっかくの休みくらい家でゆっくりしていればいいのに……と思ってはみても、同じ愚痴を隣のドライバーもつぶやいているだろう。

 今年の上りのピークは14日から15日が多く、東北道は14日午後5時ごろに上河内サービスエリア(SA)付近で45キロ、東名は17日午後5時ごろに大和トンネル付近で35キロなどの激しい渋滞が予測されている。

 そこで冷静に考えてみたいのが、自分が走行する車線だ。気のせいだと思うが、自分が走っている車線がいつも遅いような気がする。第1走行車線(左)、第2走行車線(中)、追い越し車線(右)のどこがいいのか?

「私の場合は、SAに寄らないのなら追い越し車線を走行します。他には長距離バスが多く走っている車線を選択するという方法もあるでしょう。バスの運転手は大渋滞を何度も経験しており、どの車線が早いか把握している人も多い。また、運転席の目線が上のため、遠くの車の流れをいち早く把握できるからです」(自動車ライターの佐藤篤司氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る