高速道路で渋滞を回避するために選ぶべき車線はどれ?

公開日: 更新日:

 お盆帰省といえば、渋滞が名物。せっかくの休みくらい家でゆっくりしていればいいのに……と思ってはみても、同じ愚痴を隣のドライバーもつぶやいているだろう。

 今年の上りのピークは14日から15日が多く、東北道は14日午後5時ごろに上河内サービスエリア(SA)付近で45キロ、東名は17日午後5時ごろに大和トンネル付近で35キロなどの激しい渋滞が予測されている。

 そこで冷静に考えてみたいのが、自分が走行する車線だ。気のせいだと思うが、自分が走っている車線がいつも遅いような気がする。第1走行車線(左)、第2走行車線(中)、追い越し車線(右)のどこがいいのか?

「私の場合は、SAに寄らないのなら追い越し車線を走行します。他には長距離バスが多く走っている車線を選択するという方法もあるでしょう。バスの運転手は大渋滞を何度も経験しており、どの車線が早いか把握している人も多い。また、運転席の目線が上のため、遠くの車の流れをいち早く把握できるからです」(自動車ライターの佐藤篤司氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る