大海原のように赤茶けた大地が広がるモニュメントバレー

公開日: 更新日:

 旅が面白いのは、そこにしかない景色や人、文化に触れられるから。ただし、人生は短く、訪れることができる場所は限られる。仕事や趣味で海外を飛び回る人たちは、どこで、どんな世界を見ているのか――。一度は行きたいと感じる「絶景」を届けよう。

  ◇  ◇  ◇

 会社員を辞め、アメリカ大陸から始まった自転車ひとり旅。まさか7年半の旅になるとは想像もしなかった。旅をはじめて、間もなく目にしたのが、ユタ州とアリゾナ州の境に位置するモニュメントバレー。先住民族ナバホの聖地だ。

 ここは目に見えない何かがいる。パワースポットなど神秘主義的な思想が苦手な僕が、そう認めざるを得ない絶景でした。

 長い上り坂を展望台に向けてペダルを走らせると突然、視界がひらけて風が力強く吹き抜けました。目の前には、大海原のように赤茶けた大地が広がり、そびえ立つビュートといわれる3つの岩が、太陽に照らされ赤い炎のように発光していました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る