松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「リアルインテリジェンス」で最新情報を提供中。

“公益重視の資本主義”への転換で…世界が見直す日本的経営

公開日: 更新日:

 8月19日に歴史的大転換を感じさせる声明発表がありました。

 米JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOによる「米経済界は株主だけでなく、従業員や地域社会などすべての利害関係者に経済的利益をもたらす責任がある」とする声明です。

 この声明にはアマゾンドット・コム、アメリカン航空など180を超える米企業のCEOが署名し、従来の株主重視の資本主義から、公益重視の資本主義への転換を発表したのです。

 利益優先の企業が公器に転換していくということです。企業は公器という概念は日本的経営の原点であり、使命に基づく使命経営の基本です。

■100年以上続く企業の8割は日本に

 世の中を永続的に良い方向に変革していくことが企業の使命であり、使命経営をしている企業は存在価値があって、存在価値が高い企業が存続していくということです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る