松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「イーグルビュー」で最新情報を提供中。

“公益重視の資本主義”への転換で…世界が見直す日本的経営

公開日: 更新日:

 8月19日に歴史的大転換を感じさせる声明発表がありました。

 米JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOによる「米経済界は株主だけでなく、従業員や地域社会などすべての利害関係者に経済的利益をもたらす責任がある」とする声明です。

 この声明にはアマゾンドット・コム、アメリカン航空など180を超える米企業のCEOが署名し、従来の株主重視の資本主義から、公益重視の資本主義への転換を発表したのです。

 利益優先の企業が公器に転換していくということです。企業は公器という概念は日本的経営の原点であり、使命に基づく使命経営の基本です。

■100年以上続く企業の8割は日本に

 世の中を永続的に良い方向に変革していくことが企業の使命であり、使命経営をしている企業は存在価値があって、存在価値が高い企業が存続していくということです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る