投資金額25万円以下! 家計にやさしい9月株主優待「6選」

公開日: 更新日:

 9月末に権利が確定する株主優待銘柄は多い。優待の内容もバラエティー豊かだ。たとえば「自社商品」や「買い物券」。ほんの一例になるが、25万円以下(株主優待の権利が得られる最低投資金額)で買える銘柄をチェックしてみた。

 まずは、「セロテープ」でおなじみ、ニチバンの優待から。100株以上保有(最低投資金額14万7200円=8月28日終値で算出、以下同)でもらえるのは、同社新商品を中心とした3000円相当の「製品詰め合わせ」など。期待度大だ。

 養命酒製造も100株以上保有(18万5600円)で、同社商品の詰め合わせがもらえる。食品セットか酒類セットの選択制で、継続保有3年未満は1500円相当、3年以上は3000円相当のラインアップだ。2018年実績を見ると、たとえば1500円相当の酒類セットは、「ハーブの恵み」や「高麗人参酒」(各200ミリ)など全5品といった具合。ニチバンも養命酒製造も、優待は9月末日を基準日とする年1回なので、気になる人は早速検討してみて。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  8. 8

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

もっと見る