作法不要 バーカウンターでたしなむ“カジュアル茶会”とは

公開日: 更新日:

 亭主が客を招いて抹茶をふるまう「茶会」は、もとは中世から始まった歴史ある日本文化だ。しかし、伝統的であるがゆえに、茶室の入り方から茶の飲み方まで、さまざまな「作法」が必要となる。茶道のルールを知らない人にとって、参加するだけでもハードルが高く感じてしまいがちだ。

 近年、そういった茶会の堅苦しいイメージを覆すべく、カジュアルスタイルの茶会を開く動きが広がっている。その一つが、バースタイルの「茶BAR」と呼ばれる茶会だ。バーテンダー役のホストが客の好みに合わせた一杯を飲ませてくれるのだとか。去る6月、東京・自由が丘で開催されたイベントを訪れた。

 会場となったのは、地元の銭湯が運営するギャラリースペース。一面の白い壁に写真家の作品が展示される中、一番奥に構えられた小さなカウンターの向こうで、着物姿の女性が立っている。この女性が今回のホスト、堀口明子さんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る