松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「イーグルビュー」で最新情報を提供中。

「プットオプション」は大暴落の局面で利益を生む投資戦略

公開日: 更新日:

 先日、アルゼンチンの株価・国債・通貨が大暴落し、ファンド筋も大損失を出しました。

 世界の金融はつながっているので、飛び火することがあります。

 例年8月は株価が下落しやすい時であり今年も下落しましたが、9月は金融危機が起きやすい時です。

 一般的に新興国投資が今も推奨されていますが、世界景気が悪化方向の時には新興国が一番ダメージを受けるので、新興国株などを買っているのであれば、すぐに手じまいすることを強くお勧めします。

 もちろん、日本株や米国株も買いは手じまいです。

 今は、日経225やニューヨークダウなど株の目先の天井で売りポジションを持つなど、株が下落すると利益になるポジションを推奨しています。

 極めつきは株が急落すると数日で爆発的に利益になる日経225のプットオプション(売る権利)を買う取引です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る