松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「リアルインテリジェンス」で最新情報を提供中。

「プットオプション」は大暴落の局面で利益を生む投資戦略

公開日: 更新日:

 先日、アルゼンチンの株価・国債・通貨が大暴落し、ファンド筋も大損失を出しました。

 世界の金融はつながっているので、飛び火することがあります。

 例年8月は株価が下落しやすい時であり今年も下落しましたが、9月は金融危機が起きやすい時です。

 一般的に新興国投資が今も推奨されていますが、世界景気が悪化方向の時には新興国が一番ダメージを受けるので、新興国株などを買っているのであれば、すぐに手じまいすることを強くお勧めします。

 もちろん、日本株や米国株も買いは手じまいです。

 今は、日経225やニューヨークダウなど株の目先の天井で売りポジションを持つなど、株が下落すると利益になるポジションを推奨しています。

 極めつきは株が急落すると数日で爆発的に利益になる日経225のプットオプション(売る権利)を買う取引です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る