山本一力
著者のコラム一覧
山本一力作家

1948年、高知県生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、広告制作会社勤務等を経て97年「蒼龍」でオール読物新人賞を受賞。2002年「あかね空」で直木賞を受賞。「損料屋喜八郎始末控え」や「ジョン・マン」などシリーズ作品の他「欅しぐれ」「紅けむり」「千両かんばん」など著書多数。

【お題】結婚できず自暴自棄な娘 前向きさを取り戻すには

公開日: 更新日:

 30代半ばの娘はまだ結婚していない。「まだか」とたずねると、煙たがられるので、いまは状況を聞くこともない。同性の妻にはそれとなく話をしているようで、「もうあきらめた」「あたしなんて無理だし」と言っているらしい。

 そういえば、大学受験に失敗し、就職活動も思うようにいかなかったことで、社会人になってから「どうせ私なんか」が口癖だ。娘には、そんなに自暴自棄にならず、もっと楽に過ごしてほしいと思う。高校まではもっとはつらつとしていた。娘に前向きさを取り戻してもらうにはどうするか?

  ◇  ◇  ◇

 古今亭志ん朝師匠は、まくらでよく幇間(ほうかん・たいこもち)を話題にされた。達人芸の幇間が明かした、座持ちの極意。

「聞き手に徹して、相手にしゃべらせることです。ただし適切な相槌を打つのが肝要です」と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  3. 3

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 4

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  7. 7

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  8. 8

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

もっと見る