山本一力
著者のコラム一覧
山本一力作家

1948年、高知県生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、広告制作会社勤務等を経て97年「蒼龍」でオール読物新人賞を受賞。2002年「あかね空」で直木賞を受賞。「損料屋喜八郎始末控え」や「ジョン・マン」などシリーズ作品の他「欅しぐれ」「紅けむり」「千両かんばん」など著書多数。

【お題】結婚できず自暴自棄な娘 前向きさを取り戻すには

公開日: 更新日:

 30代半ばの娘はまだ結婚していない。「まだか」とたずねると、煙たがられるので、いまは状況を聞くこともない。同性の妻にはそれとなく話をしているようで、「もうあきらめた」「あたしなんて無理だし」と言っているらしい。

 そういえば、大学受験に失敗し、就職活動も思うようにいかなかったことで、社会人になってから「どうせ私なんか」が口癖だ。娘には、そんなに自暴自棄にならず、もっと楽に過ごしてほしいと思う。高校まではもっとはつらつとしていた。娘に前向きさを取り戻してもらうにはどうするか?

  ◇  ◇  ◇

 古今亭志ん朝師匠は、まくらでよく幇間(ほうかん・たいこもち)を話題にされた。達人芸の幇間が明かした、座持ちの極意。

「聞き手に徹して、相手にしゃべらせることです。ただし適切な相槌を打つのが肝要です」と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る