山本一力
著者のコラム一覧
山本一力作家

1948年、高知県生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、広告制作会社勤務等を経て97年「蒼龍」でオール読物新人賞を受賞。2002年「あかね空」で直木賞を受賞。「損料屋喜八郎始末控え」や「ジョン・マン」などシリーズ作品の他「欅しぐれ」「紅けむり」「千両かんばん」など著書多数。

【お題】「ウーバー癖」がついた妻はいかがなものか

公開日: 更新日:

 こう暑いと、外出がおっくうになる。妻は「買い物に出掛けるのが面倒」と食事を作らず、ウーバーなどの出前で済ますことが増えた。妻の買い物の負担を減らそうと、自分が行こうとすると、「あんたに買いに行かせると、余計なものを買うから」とダメ出しだ。どうやら妻は、料理を作らずに済む「ウーバー癖」がついたらしい。「暑くて買い物が大変」というのは、言い訳とみているが、自分だけ楽するのはいかがなものか。

  ◇  ◇  ◇

 ウーバー本場のマンハッタンで7月26日以来、本稿を書いている。

 マンハッタンといえばイエローキャブ(タクシー)と、NYPD(白地に青のニューヨーク市警パトカー)が、通りを埋めるほど走っていたが。 去年に比して黄色いタクシーの数が、今年は明らかに減っていた。

「ウーバーがタクシーを駆逐しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る