なぜ?ハチミツ泥棒のクマと養蜂家がウィンウィンの関係に

公開日: 更新日:

 ずる賢いクマに高級ハチミツを盗まれ、対策に頭を抱えていたトルコの養蜂家が思い付いた、ウィンウィンの“奇策”とは?

 トルコDHA通信(8月20日付)などによると、黒海沿岸のトラブゾンに住む農業技術者で養蜂家のイブラヒム・セデフさんは、1キロあたり1000トルコ・リラ(約1万9000円)もする「アンツァー・ハチミツ」を作っている。アンツァー高原の90種類もの花からミツバチが集めてくる最高級品だ。

 しかしここ数年、そのハチミツを盗むクマ対策に頭を悩ませていた。被害総額は日本円で100万円超え!

 ミツバチの巣を金網で囲っても破られる。コンクリートの倉庫に入れても地面に穴を掘られ、侵入される。木の上に避難させても登ってしまう……対策が尽き、ほとほと困り果てていた8月初めのこと。セデフさんはあるアイデアを思い付いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る