飼い主逮捕され 警察前で1年待ち続けるアルゼンチンの忠犬

公開日: 更新日:

 服役中の飼い主を警察署の前で待ち続けて1年。「アルゼンチンのハチ公だ」と話題になっている。

 アルゼンチンの地方局「トゥクマン・ア・ラス7ニュース」(6月14日付電子版)などによると、ゴールデン・レトリバーの雑種「シェイラ」が、ブエノスアイレス州ベインティシンコ・デ・マヨの警察署の前に姿を見せ始めたのは、約1年前。

 飼い主の男が暴行容疑で逮捕されて有罪になり、警察署の留置施設で3年半の刑期を務めているという。

 男が逮捕されたその日から毎日、警察署の前に座り続けるシェイラの忠犬ぶりに、警察署の関係者はもとより、町の人々も心をつかまれた。

 そのうち警察官らはシェイラに餌を与え始めた。シェイラも警察官らに懐き、パトロールにも同行するように。しかし、ろくでなしの飼い主に対する忠誠心は変わらず、時間があれば警察署の前に座り、帰りを待っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る