松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「イーグルビュー」で最新情報を提供中。

メルマガで破綻を警告 FX会社を何社も潰した男と呼ばれた

公開日: 更新日:

 FX(外国為替証拠金取引)の黎明期だった2006年1月、ファイナンシャルプランナーの多くがFXという言葉を知らない時から、FX・日経225・ニューヨークダウ・金(ゴールド)指数(インデックス)の売買助言サービスを開始しました。

 当時、FX会社には、顧客資金を持ち逃げするのが目的という危険な会社もありました。私がメルマガで「この会社は危険」と警告すると、しばらくして、その会社が破綻することが何度もあったので、「FX会社を何社も潰した男」と呼ばれたことがあります。もちろん、私が警告しなくても危険な会社は遅かれ早かれ破綻するので、私が書いたことが原因ではありません。

 警告を聞き資金を引き出せた人と、危険なことが分からず資金を引き出せなかった人の差は大きかったです。

 その後、当時のような危険な会社は淘汰されたものの、リーマン・ショック後、資金が潤沢でなく顧客が高レバレッジ取引している会社が撤退しました。各相場が暴落する局面で顧客がストップロスを入れなかったために大損をし、元本を超える追加証拠金が払えず、会社が肩代わりすることで廃業したのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る