松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「リアルインテリジェンス」で最新情報を提供中。

メルマガで破綻を警告 FX会社を何社も潰した男と呼ばれた

公開日: 更新日:

 FX(外国為替証拠金取引)の黎明期だった2006年1月、ファイナンシャルプランナーの多くがFXという言葉を知らない時から、FX・日経225・ニューヨークダウ・金(ゴールド)指数(インデックス)の売買助言サービスを開始しました。

 当時、FX会社には、顧客資金を持ち逃げするのが目的という危険な会社もありました。私がメルマガで「この会社は危険」と警告すると、しばらくして、その会社が破綻することが何度もあったので、「FX会社を何社も潰した男」と呼ばれたことがあります。もちろん、私が警告しなくても危険な会社は遅かれ早かれ破綻するので、私が書いたことが原因ではありません。

 警告を聞き資金を引き出せた人と、危険なことが分からず資金を引き出せなかった人の差は大きかったです。

 その後、当時のような危険な会社は淘汰されたものの、リーマン・ショック後、資金が潤沢でなく顧客が高レバレッジ取引している会社が撤退しました。各相場が暴落する局面で顧客がストップロスを入れなかったために大損をし、元本を超える追加証拠金が払えず、会社が肩代わりすることで廃業したのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る