田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

王位戦第4局は双方入玉で「王将」でなく「点数」取り合い

公開日: 更新日:

 江戸時代の川柳に「入王になると見物碁にたかり」という句がある。現代で同じ語意の「入玉」は、玉が敵陣に入り込むこと。玉の周囲を「と金」などの成り駒で固めると、とうてい詰まない。

 冒頭の川柳は、将棋を観戦していた人が、入玉で勝負がつまらなくなったので、隣の囲碁を見物するという意味である。

 双方の玉が入玉した場合、現代のプロ公式戦の規定では、双方が所定の条件を満たしていれば、「持将棋」として無勝負になる。双方の玉が敵陣の三段目以内に入り込み、双方の盤上の駒が取られる可能性がなくなったところで、所有する盤上の駒と持ち駒を合わせて点数化する。大駒(飛・角)は各5点、小駒(金・銀・桂・香・歩)は各1点で、玉は除外する。

 双方の点数がともに24点以上なら、持将棋が成立して無勝負。一方が24点未満なら負けになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  6. 6

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  9. 9

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  10. 10

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

もっと見る