田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

王位戦第4局は双方入玉で「王将」でなく「点数」取り合い

公開日: 更新日:

 江戸時代の川柳に「入王になると見物碁にたかり」という句がある。現代で同じ語意の「入玉」は、玉が敵陣に入り込むこと。玉の周囲を「と金」などの成り駒で固めると、とうてい詰まない。

 冒頭の川柳は、将棋を観戦していた人が、入玉で勝負がつまらなくなったので、隣の囲碁を見物するという意味である。

 双方の玉が入玉した場合、現代のプロ公式戦の規定では、双方が所定の条件を満たしていれば、「持将棋」として無勝負になる。双方の玉が敵陣の三段目以内に入り込み、双方の盤上の駒が取られる可能性がなくなったところで、所有する盤上の駒と持ち駒を合わせて点数化する。大駒(飛・角)は各5点、小駒(金・銀・桂・香・歩)は各1点で、玉は除外する。

 双方の点数がともに24点以上なら、持将棋が成立して無勝負。一方が24点未満なら負けになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  2. 2

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  3. 3

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  4. 4

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  5. 5

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  6. 6

    英語民間試験に政官癒着 渦中のベネッセが抱える“深い闇”

  7. 7

    ラッシャー板前さん 付き人時代にたけし愛飲の酒をペロッ

  8. 8

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  9. 9

    好発進の渋野 米ツアー通算2勝目に立ちはだかる「英会話」

  10. 10

    クドカンの苦悩告白から読み解く「エール」脚本家降板劇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る