石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校・ユーザーエクスペリエンス(UX)担当講師。テクノロジー系勉強会・湯川塾事務局。「AI新聞」副編集長。新宿・歌舞伎町でバーテンダーもしている。

今こそダジャレ!教育や医療現場で組織の潤滑油として期待

公開日: 更新日:

「なすがまま、きゅうりがぱぱ」。好きなダジャレを副業にしている人がいる。

 一般社団法人日本だじゃれ活用協会の鈴木英智佳さん(44)だ。

 鈴木さんは大学卒業後に大手メーカーに就職。その後、企業研修を提供する会社に転職して、ビジネススキルを研修として落とし込むノウハウを習得し、2011年に自ら研修会社を設立。会社を軌道に乗せつつ、今後のことを見据えてリーダーシッププログラムに参加した際に「最も自分らしくありながら、世の中にインパクトを与えるもの」を問うた。そうしたら、子どもの頃から好きだった「ダジャレ」にたどり着いたという。

 そして14年、本業とは別に一般社団法人日本だじゃれ活用協会を設立することになった。

 鈴木さんは小学生時代、父親の転勤に合わせて3回も転校を経験した。その頃からユーモアが好きだったが、新しい学校に馴染むのに時間がかかるため、外に表現する機会に恵まれなかったという。また、両親の教育方針がいわゆる「良い学校、良い会社=良い人生」だった。それも、根底にあるユーモア好きを発揮することを封じていたという。好きなこと、やりたいことを掘り下げていくと、子ども時代の体験が影響していたという構造は、好きなものを副業にする人たちの一つの特徴かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る